ブログトップ

学理教育セミナー リセ

これだけ暑くなると。

異常なほど暑いです。

これだけ暑くなると、精神根性主義ではどうにもならないぐらい肉体的にも精神的にも過酷です。本来は何もせずに涼しいところで寝ているのが一番なのでしょう。

しかし、受験生はそうもいきませんよね。最低限度の受験勉強をしておかねばならないのです。今しばらくの間は、自分で自分に対して多くのことを望まず、頭が働く範囲で少しだけのことをするようにしておきましょう

こういう時は、単純な作業的な学習が最も良い勉強になります。忘れてもいいから、単純な暗記作業に努めるのです。語彙力と理科、社会の知識詰め込みに努めるのが良いでしょう。

深く思考することを要する科目は向きません。それは気候が良くなってからとし、今はひたすら知識を詰め込みましょう。

英語の語彙力向上は今がチャンスです。

文法知識を問う問題としてのセンター入試第2問、多くの私立大学入試の文法問題、それらは解説すればそれなりの理論理屈が出てきますが、実戦的なところではイディオムを知っていれば正解を得られるものばかりです。

特に空所に前置詞を入れる問題は、イディオムを知っているかどうか、それだけで勝敗が決します。ですから、難関大学を目指しているのなら、2000熟語ぐらいは覚えておきたいところです。

そして、それらを覚えるのは今がチャンスなのです。秋風が吹き始めたら、焦る気持ちなく語彙力養成に時間をさける状態ではなくなります

暑い暑いと言いながら、口で唱えながら英単語、英熟語、基本例文を覚えていくのです。この夏休み中に、英単語を1000、英熟語を1000、基本例文を250、この程度増やすだけであなたの英語力は見違えるようになります。

理科と社会も暗記チャンスです。

暗記だけでは勉強にならない、と模範生や学校の先生方は言います。それはその通りです。満点を取ろうと思えば、それだけでは無理です。

しかし、今現在センター入試のマーク式模試を受けて、100点満点で80点が取れないレベルで停滞しているのなら、丸暗記だけで80点は取れるレベルに到達できることを知ってください。

まずは80点は取れるようになりましょう。そのためには覚えて覚えて覚えまくるのです。それだけで幸せになれるのですから、どうのこうのと文句は言わないことです

教科書を読み、ノートに書き、声に出して復唱し、覚えにくい物は壁紙に書いて資格に訴える、ありとあらゆる工夫をしてください。それをするには、今が最も良いチャンスです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-07-17 16:03 | リセ | Comments(0)

何をどうすれば良いの。

やる気はあるのですが。

この夏休みは勉強をする気になっています。それでも困ったことに、何をどうすれば良いのかが全然分からないのです。先生、教えてください。

このような質問を受けることが時期的に増え始めました。重たい腰を持ち上げて、やっとこさやる気になり始めたとたんに、はて、どうしたものか、と悩みだすのです。

得意科目、不得意科目、強化したい科目、それどれにあることだと思いますが、私はいつも次のようにアドバイスしています。

とりあえず、全科目をまんべんなく学習することを前提にして、各科目とも最も基礎的な問題集を1冊用意して、それをやり切りましょう

選ぶ教材。

国立理系希望者を対象として述べてみます。学習科目は、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・B、数学Ⅲ、英語、国語、物理、化学、地理、以上だとしておきましょう。

どの科目も、内容的には超基礎的レベルのものとします。どんなに自信を持っている科目であったとしても、基礎をやり直すのです。本当に得意ならあっという間に終わらせることができて次のステップに進めます

ボリュームとしては、どの科目も100ページ前後の薄い物とします。あまりにボリュームのありすぎるものは、途中で挫折して気分が鬱陶しくなるだけです。

要するに、簡単で薄っぺらい問題集をとりあえずは最後までやりきるのです。これが第一段階で、夏中にこの段階を追われれば、次に標準レベルへと進めます。

1冊やり切るのは大変。

1冊の問題集を最後までやり切った経験はおありですか。ほとんどの人がないことだと思います。これは結構大変なことなのです。

しかし、精神的苦痛を耐え忍んで、このことを実現できれば、あなたが思う以上に力が付くものです

やり切った自信が、あなたをこれまでに知らなかったハイレベルを目指しての道に導いてくれます。

簡単で薄っぺらい問題集を全科目に渡って1冊やり切る、そんな夏休みにしてください。それを経験してやっとこさ難関国立大学への本格的な受験勉強を開始できるのです。まずは身体を動かすことです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-07-12 14:56 | リセ | Comments(0)

こんなタイプの人は要注意。

自信過剰な人。

今現在はそんなに大したレベルの学力はない。そしてそのことを自分でも認めている。それでもちょっと本気を出して勉強すればすぐに力を付けられるし、何も心配することはない。

いずれにしても第一希望大学に合格できるに違いない、と思い込みたくてそう思っている人が結構現役生のなかにはいます

特に高校受験をして高校生になった人に数多く認められます。本当のところを知らないのです。そもそも医学部や、国公立大学のTOPクラス大学に行こうとすれば、どんなにレベルが高いのかが分かっていません。

学校の成績がどうのこうのと言っているレベルでは論外なのですが、そのあたりの冷静な判断ができないのが現役高校生です。

学校を信頼しすぎると失敗します。

自分が通っている高校の進学実績を冷静に見てみましょう。一学年400人の学校で、東大現役合格者数名、京大現役合格者10名、阪大現役合格者15名、神大現役合格者15名、の学校があったとしましょう。

400人中50名足らずが上記の難関国立大学にやっと合格しています。これでも相当に優秀な学校でしょうが、学年で50番以内の実力の持ち主でない限り、このような大学へは合格できません。

しかるに、200番前後の生徒諸君は、ちょっと勉強をすれば自分は合格できると思い込んでいるのです。大人感覚で行けば、どこからそのような考え方が出てくるのかは理解できません

自分は進学校に通っている。周りの人も賢い高校生だと言ってくれている。そんなことで自分の学校を過大評価しすぎて、自分に都合よく信頼しすぎているようです。

大学受験夷学校は関係ありません。

希望大学があって、そこに合格するのには、受験した年の合格最低点を取る必要があるわけです。

合格最低点を取れる実力を付けるのには、学校の授業を利用するのも一つの方法でしょうし、自分で独学するのも立派な方法でしょう。

要するに、学校が合格させてくれるのではなくて、勉強をした者が合格するのです

学校の授業はその学校の中位者を対象に授業を進めています。先ほど例としてあげた学校レベルでは、大阪市大、大阪府立大に合格できたらいいな、のレベルで授業をしているだけです。それ以上を目指すのであれば、自分でやるしかありません。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-07-10 15:32 | リセ | Comments(0)

明日から夏期講習会開講。

高3生の受験講座から開始です。

他塾よりは少し早いのかもしれませんが、高3生対象の夏期講習会は明日から開始します。数学Ⅰ・Aを中心とする国立大学2次対策講座と、数Ⅰ・Aのセンター入試対策講座の2講座を開講します。

2次講座の方は、東大、京大、阪大等の入試問題演習講座となります。このレベルの大学を目指す以上は、当該大学の入試問題を演習して、実践力を身に付けるしかありません。チャート式数学レベルでは足りません

センター入試対策の方は、90点以上の得点力養成を目指して、60分テスト演習後、重要ポイントの解説授業に重点を置きます。練習と要領次第でセンターは乗り切れますから、今の内から演習あるのみです。

今年の受講生は、全員が京大、阪大、神大を目指しているので、こちらの生徒さんに対する要求水準はそれ相応に高いものとなります。かなりのエネルギーとパワーが必要となります。

妥協をしない精神で。

関関同立は最低必勝ライン、目指すは京大、阪大現役合格!今にして思えば、23年前に、こんな打ち出しでリセという塾を立ち上げました。

私も今よりは若かったので、誤解を受けることを承知の上でこんなことを外に向けて言い放ちました。生徒に対しても、早稲田や慶応も含めて私立大学で満足はするな、、と檄を飛ばしていました。

大学受験は、自分の考えた以上の大学へはまず合格できません。勉強していたらこんなに力が付いて、考えたこともなかったのに東大に合格してしまった。どこかの塾の宣伝ですが、こんなことはまずあり得ません

ですから高いところに目標を置いて学習を積み重ね、なにがあっても妥協しない精神が必要なのです。

夏は暑いに決まっている。

夏の学習は重要なのですが、この時期は学習しないことに対する言い訳がしやすくて、ついつい怠け心が起こります。

こんなに熱くては勉強できない。家の中では勉強できない。秋になって涼しくなったら本気をだす。まだ入試まで半年以上ある。まあ、なんとかなるだろう。

程度問題ですが、誰にもこんな気持ちはあります。問題を先送りし、自分にとって都合がよい方向に流れがちとなります。油断しているとこうなります

わたしから一言、夏は暑いに決まっている、四の五の言わずに勉強をしろ!やることをやってから文句をいいましょう。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-07-09 15:34 | リセ | Comments(0)

分からないのか、分かりたくないのか。

昔から変わらないこと。

時代の変化とともに、高校生の思考パターン、行動パターンに変化が見られます。一方で、少しも変化しない事柄もたくさんあります。変化しないことの一つに、大学受験に対する甘さがあります。

高校受験をして高校生となり、高校生になってから初めて高校内容の学習を始めた人は、中高一貫校の生徒さんに比べて、甘さが大きいように見受けます

中学受験をした人は、それぞれに第一希望の中学には失敗をして、やむなく第2希望の中学校へ進学した人もいます。落とされる受験経験をしてきたわけです。

その点、公立中学に通い。高校受験をして高校生となった人は、そのほとんどが不合格を経験していません。高校受験は通すための試験であり、落とすための試験ではないのです。そこで甘さがでてきます。

大学受験は落とすための試験。

高校受験は通すための試験であり、大学受験は落とすための試験です。まずこの違いが分かっていない高校生が、大学を選べば浪人となります。

高校受験は何とかなった。だから、なんだかんだと言っても大学受験も何とかなるだろう、と思って甘く考えているのです。

ところが残念ながら、大学受験は不合格者の方が圧倒的に多いわけですから、何ともならなかった結果で終わるのです

高校受験はあまりにもかけ離れた受験をしていないかぎり、まず不合格となることはありません。でも、大学受験は落ちるのが普通なのです。かと言ってFランク大学など行っても意味はありませんよね。

いよいよ7月です。

来年のセンター入試まであと半年と少しです。いくらなんでも本気になって勉強をしないといけません。歯を食いしばって頑張り精神を見せることはありませんが、落ち着いた勉強を開始しなければいけません。

毎日無理をせずに、一定量の学習を積み重ねることが重要です。あれもこれもやろうとするのではなくて、毎日これだけは最低限度やっておこう、という内容を決めてみましょう

大学受験とはどういうものであるのか。それを冷静に見極めた上で必要な対策としての勉強をしましょう。

何とかなる、と思っていたら大間違いです。何ともならないのが大学受験です。人に羨ましがられるレベルの大学に合格したいのであれば、それ相応の勉強は必要となります。そのことをまずは分かってください。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-07-02 16:47 | リセ | Comments(2)

今の時代の受験生気質。

平均的受験生気質。

明確な理由があって理系、文系を考えたわけではありません。学校で希望調査があったので、どちらかにするしかないのでとりあえず理系にしました。

だからと言って数学、理科が得意なわけではありません。ただ英語や国語が好きになれないというだけのことです。もちろん、数学や理科もあまりできません。

行きたい大学があるとは言えません。まして行きたい学部はこれ、と決まってはいません。将来やってみたいことがないので、どうしようかな、と困っています

将来やりたいことはない、だから行きたい大学も学部も決まらない、それで学習することに熱意が出てこない、それにあまり勉強は好きではないし。

楽そうだから大学へは行っておこう。

それでも大学へは行くと決めている。大学生にはなりたい。それも理由はないのだが、それ以外の道となると、いよいよ途方に暮れてしまう。

大学生は暇そうで、好きなことをして遊んでいられそうだ。私にはピッタリでこんな理想的な生活はない。

本来大学は学問をしに行くところであって、遊ぶために行くところではありません。正面切って言えばこういうことです

それでも、大学受験者数よりも定員の方が多い時代となって、選ばなければどこかの大学生にはなれます。4年間は遊んでいられる大学だらけです。4年間のモラトリアム期間が簡単に手に入ります。

目標を定めて学門をする若者は数が少ないです。

自分の意志で何かを考え、何かを目指そうとする受験生は滅多に見かけません。ですから、時代に流され流されて、極めて従順な人畜無害な若者が増えているようです。

水晶宮のような社会と言った、かのドストエフスキーの言葉が蘇ってきます。何も考えずにおとなしくしていれば、最低限度の生活は保障してあげよう。

支配者の言うことを聞いていればよいのだ、やがてそうしている自分すら忘れてしまえば、幸せな一生が送れる。外側から水晶球を見ていれば、とても美しいけれども、中身は何もない

現代の若者の大半を見ていると、自覚することもなく、知らないうちに水晶宮に安住することに満足しているように感じられます。おうい、少しは気が付いてくれよ。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-06-27 15:58 | リセ | Comments(0)

父母懇談会実施中。

先生、勉強してくれません。

リセでは年間4回、定期的に父母懇談会を個人面談の形で実施しています。いつの時代も保護者の方々の悩みは共通していて、親の望む形で子供が勉強してくれない、という点です。

一人一人を取り巻く環境が違いますから、一概にではこうしましょう、とは言えませんが、それにしても、何年経っても明解なアドバイスができないことが私の悩みとなっています

子供の気持ちは分かってあげないといけませんが、さりとて分かりすぎると何も言えなくなってしまいそうです。

自分自身の子供の頃を思い出すと、これまた何も言えなくなることは明らかで、自分のことはさておきあるべき姿を子供に伝えるしかありません。

ゲームとスマホの時代です。

忘れてはならないことがあります。それは、子供たちがゲームとスマホに取り囲まれて生活しているという現実です。

時間がつぶせるのですよね。することがなくて退屈極まりない、このような時間帯を過ごさなくても済む時代なのです。それどころか、そこに引きづりこまれています。

これは子供たちの精神構造を形成するにあたって、かなりの影響力があります。ゲームをしているときと、スマホを眺めているときの姿勢を思い起こしてください

下を俯いたまま長時間をすごしていますよね。陰気で暗いです。前を向くことなく、空を仰ぐことなく、ただ舌を俯いています。気分が積極的にはなりません。

明るく楽しく勉強をするために。

私は何もゲームやスマホを批判して、子供たちには禁止しましょう、などと言っているのではありません。そんな強制は子供の助けとならないからです。

ゲームやスマホ以上に勉強は楽しい物なのだ、ということに目覚めさせる方法はないのだろうか、と考えています

そのためには、まず勉強を始めないと先へは進めません。とっかかりをどう作るか、これで悩みます。嫌々している子供と、最初はともに勉強をしてあげることから始めようと考えています。

ともに何かをする、この部分がなければ子供たちは自分で動けないようです。学校が補習授業を増やしたり、宿題ヤテストを増やすだけではどうにもならないようです。それで成果をだした学校を見たことがありません。単なる保護者アピールだけです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-06-21 16:28 | リセ | Comments(0)

もうすぐ夏期講習会。

7/10(火)から夏期講習会。

7/7(土)で1学期の授業を終了し、7/10(火)から夏期講習会を開きます。お盆休みを挟んで、8月末までの約1か月半、集中的に英語と数学を中心に学習します。

高3生は受験勉強をするしかないですが、高1生と高2生は英語と数学そのものを楽しむ内容で学習を進めて行きます

夏の学習が全てとは言いませんが、高3生の受験勉強にあっては、最重要期間であることに間違いはありません。

夏の学習はすぐには効果は出ませんが、ここをきちんと勉強しておけば、秋以降の伸びが確実に保証されます。夏の学習が不足していれば、秋以降の伸びが望めません。

気持ちの整理と計画がすべて。

志望大学への意志と学習決意、これを強固なものとすることが重要で、それを土台として冷静な学習計画を作ればあとはその道を歩むだけとなります。

この二つの要素のどちらが書けても、高3受験生は夏を棒に振ることになりかねません。今から心して自らを引き締めてください

高1生と高2生は、日々英語を楽しんで読むことにし、時間をかえて数学の本質を考えるようにしてください。

サッカーが好きな人は、ワールドカップが始まりますから、英字新聞をこの期間は買ってきて、そのスポーツ欄を読んでみてください。日本の新聞にはない記事が興味深く、あなたは自然と英文を読むことができます。

準備が大変。

毎年のことながら、夏期講習会の準備が大変です。私にとって一番大変なのは、何と言ってもテキスト作りです。

学習内容、レベル、ボリューム、そしてその進め方、これらを考慮しながら作っていると、一つのテキストを作るだけでも相当な労力が必要となります。

数件出版の問題集を使っているだけの学校の先生が、いやはやまったく羨ましい限りです。でも私の塾ではそういうわけにはいかないのです

現在80%程度テキストが出来上がっています。今はその内容をチェックしている段階で、問題レベルによっては差し替えが必要で、これが最も大変なのです。それでもそのことが好きですから、喜びをもってやっています。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-06-14 17:09 | リセ | Comments(0)

気持ちまで梅雨入りしないように。

この時期、気持ちがじめじめします。

すっかり梅雨入りして、毎年のことですが湿度が高くなり、なにやらベタベタとした感じでちょっとしたことで気持ちが鬱陶しくなります。

中々思うようには成績が上がらず、模試を受けても手ごたえがなくて、実力不足を痛感させられるばかりで、焦りの気持ちはまだないもののどうしたものかと気がふさぎます

相変わらず数学は分からないところだらけだし、英語はいつまで経ってもできるようになっているのかどうかがはっきりとしない、国語は何をしていいのか分からず、理科、社会はまだほとんど手が付いていない。

何から始めてどのようにすれば良いのかが分からない。このような心境になっている人は、あなただけではありません。みんながそうだから気にしなくてもいいですよ、とは言いませんが、それをどう乗り越えるかです。

雨が降ろうがやりが降ろうが・・・。

もうすぐサッカーのワールドカップが始まりますから、サッカーファンの人はそれに飲み込まれないようにしておかないと、何もしないままの一か月を過ごすことになりかねません。

短時間で構いません、学習量が少量でもOKです、毎日何があろうともこれだけはする、というものを決めてください。そしてそれを契機として、学習のリズムを作るのです

①数学・・・チャート式数学(何色でも可)の例題の解説を、毎日5題ずつ読み進める。PM7:00~8:00。

②英語・・・センター過去問の第2問を15分で解答し、20分程度で解説を読む。PM8:00~8:35.

③国語・・・とりあえず、漢文の句形集(どんなものでも可)で基本句形を読み覚える。PM8:35~9:00.

上記作業を成果を気にせず、ただひたすら1か月間繰り返す。それだけで、あなたの学習リズムが完成できます。2ヶ月目からは、理科と社会も同じように取り組めばよいのです。

勉強のペースが気持ちをエキサイティングにしてくれます。

あなたの学習スタイルが確定し、機械的な同じ作業として勉強を進められるようになると、少しも苦痛はありませんし、これまでに経験したことのない面白さが出てきます。

以前にも言今q舌が、勉強の悩みは勉強をすることでしか解決できないのです。特別に効果的で楽な方法はありません

暗中模索を繰り返す中から、自然とあなたのスタイルが生まれてきます。最初は大変かもしれませんが、そこを乗り越えることです。

勉強をすることが嫌になったら、志望大学に合格できずに第2、第3志望の大学に進学して不満だらけで毎日を送っている自分の姿、あるいは浪人生活をしている自分の姿を思い浮かべてみましょう。少しは勉強をする気になれますよ。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-06-11 14:58 | リセ | Comments(0)

辛抱が足りませんな。

散々に言われてきました。

「本当に辛抱が足りませんな。」育ってくる段階で、色々な人から様々な表現方法でいわれてきたことです。何かを我慢する、自分を押さえる、耐え抜く、ぼやかない、言い訳をしない、忍耐する、これらのことを、ことごとくをできない私でした。

私でした、などと言うと、まるで今はできているような言い方になりますが、恥ずかしいことに未だにできないままの私です。

どんなことでも辛抱することができれば、必ずやなにかを成し遂げられることだろうと分かっています。それなのに、人は悲しいもので、ほんの少しの辛抱、我慢ができないのです

中高生のことで言えば、ほんのちょっぴり辛抱をするだけで優等生の評価を得る成績を実現でき、みんなに褒めそやされて東大でも京大でもいけるのですよね。

耐え抜いてみましょう。

困難を承知の上で言います、自分が心の中でしたいと思ったことから諦めて、したいと思ったからしない、という生活を続ければ、勉強以外にはすることがなくなります。

スマホをいじくっていようと思ったから触らない、ゲームをしたいと思ったからしない、部活に逃げたいと思ったから逃げない、友達と遊びに行きたいと思ったから遊ばない

勉強をしたいと思うことはほとんどありませんから、やがて勉強をしているしか時間のつぶしようがなくなります。

したいと思うことをせずにじっとしていることは、相当に忍耐が要求されることになります。ここで耐えきらねば、勉強は始まりません。

成績を上げる方法はみなさんご存知のはずです。

英語を例にとれば、まずは学校のテスト範囲の英単語、英熟語はすべて覚えきる、文法事項の理解度を問う問題に備えて問題集の答えをすべて覚えきる。

英作文の例文を完璧に覚え、テスト範囲の問題は模範解答を暗唱しておく。英文解釈の日本語訳は、授業の時の学校の先生の訳を再現できるように覚えておく。

こんな程度で90点以上取れるでしょう。耐えきってこれだけのことをすれば、学校の英語など簡単に征服できます。では、どうしてそうしないのでしょうか

簡単です、面倒くさい、嫌だ、という気持ちに打ち勝って、辛抱する、耐えきる、あるいは目的のために馬鹿になり切る、これができないだけなのです。m、いなさん、まずは辛抱をすることから練習しましょう。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2018-06-09 15:18 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31