ブログトップ

学理教育セミナー リセ

13日、14日にセンター試験が行われます。

待ちかねたぞセンター試験。

少し強がって、こんな気持ちで受験会場に行きましょう。積極的な姿勢が好結果をもたらすものです。消極的で弱気な状態では、まず間違いなく失敗しますよ。

試験の途中で、分からない問題に出くわすのは当然のことで、その都度「どうしよう」などと思うのは傷を深めるだけです

分からない問題が出てくるのは当たり前のことで、これはできなくても良い問題だと思って次に進んでいくことにしましょう。

意識過剰になることなく平常心を保って、自分にできる問題だけ確実に解いて行こう、このように考えて受験できれば、きっと良い結果が出ることでしょう。

国立大学は7年連続で志願者が減しそうです。

センター試験の志願者数は昨年より6702人多い58万2669人です。

私立大学のセンター入試方式が定着してきて、センター試験の受験者数は高まっていますが、国立大学の志願者数は減少しています

ですから国公立大学の一般入試の平均倍率は、この数年間の平均と同じく2.7倍ぐらいで落ち着きそうです。

後期入試を廃止する国公立大学が増加していることと、5教科7科目という受験科目数の多さが国立大学を敬遠する受験生を増やしているのでしょうか。

今の受験制度では、センター試験が重要。

私立大学のセンター入試方式は、この成績だけで合否が決まり、国公立大学でもそれぞれの大学で傾斜配点があるものの、ほぼ半分はセンター試験の成績で合否が決まります。

ですからこれほど重要な試験はないのです。ここで成功すれば、最終合格の可能性は随分と高まります

逆に失敗すれば、よほど2次テストで挽回しないことには合格は見込めません。センター試験に失敗した場合、京都大学理学部のように、2次試験だけで合否を決めるところを探さねばならなくなります。こことて足切はありますが。

ともあれセンター入試がやってきました。みなさんの健闘を祈り、好結果がでることを祈るのみです。必要以上に頑張るのはやめましょう。マイペースが一番ですよ。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2018-01-11 20:17 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31