ブログトップ

学理教育セミナー リセ

大学への強い思い。

妥協しないこだわり。

賢明であるか、あるいは愚かであるか、という視点で考えれば、おそらくは愚かに限りなく近づくのでしょうが、東大や京大に合格しようとすれば、強い思いが必要です。

才能豊かな人は、そんなに受験勉強をしなくても、自然と合格して行くことになりますが、平均的な才能の持ち主が合格しようとすれば、かなりきつい受験勉強をさせられることになります

東大か京大でなければ、大学など行くものか、どうしてでも東大か京大でなければならない。高校生の時、私はそう考えていました。

理由はありません。ただ、そう思っていたのです。ですから相当にしんどい受験勉強をしました。大して才能のない人間が合格しようと思えば、そうするしかなかったのです。

受験勉強が嫌とは思いませんでした。

長時間勉強が嫌なのではなくて、東大や京大に行けないことの方が嫌でした。毎日13時間勉強をしました。

学校での6時間の授業は、すべて自習をしていました。授業に参加はしているのですが、一切授業を聞くことなく自習をしていました。

家に帰ってからは、7時間の家庭学習をしました。合計13時間というわけです。しかし、強者は居るもので、東大理科Ⅲ類に合格した友人のK君は、なんと15時間勉強をしたそうです

彼曰く、仕様がないでしょう、理科Ⅲ類以外は嫌だったんだから。この言葉にとどめを刺されます。

ほぼあり得ないこと。

思いもかけず、考えてもいなかったのに東大に合格しちゃった。こんなことはまずあり得ません。実際に調査したわけではないので、絶対に、などとは言えませんが、まああり得ないことです。

大学受験では、自分で考えたレベル以上の大学に合格できることはありません。考えたところが上限となります

ですから、高望みに次ぐ高望みをして、レベルの高い大学を目標にしてください。面倒くさいから、高1生や高2生は東大を目標にしてください。

高3生のみなさんは、センター入試の結果がでるまでは、自分を過小評価しすぎて希望大学をランクダウンさせることのないようにしておいてください。センター入試まであと66日です。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-11-08 20:03 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30