ブログトップ

学理教育セミナー リセ

自分を追い詰めてはいけません。

そんな性格性分。

受験には不向きな性格性分の人がいます。人間としては素晴らしい面があり、非常に良いことではあるのですが、そのことが受験には邪魔となることがあります。

生真面目で、ものごとをいい加減にできないタイプの人。プライドが高く、自信満々の状態でないと平穏を保てない人

他人のアドバイスを自分に対する非難と受け止め、素直に聞くことができない人。

まだまだありますが、このようなタイプの人は、受験勉強で苦労をし、思うような結果が出せずに苦しむことが多いようです。

問題が解けないと落ち込む受験生。

数学の問題を解いた。あるいは解けなかった。正解を見ると間違っている。解説を読んで、そんなことは思いつけない、私には無理、頭が悪いのじゃないかしら、これでは合格は見込めない。

このような状態で暗い顔をして落ち込んでいる人がいます。中には10問解いて、1問でもできない者があればもう自信を持てない、と言う人もいます。

完璧と思える状態でなければ、少しも満足できないのですよね。それは無理なことなのですが

このようなタイプの人は、問題を解くたびに一喜一憂します。そして全体として、「ダメだ!」と自己否定します。

追い詰めるのはやめましょう。

どんなに難しい大学であっても、合格最低点は6割5分程度です。一部の医学部医学科は7割と言うところがありますが。

それにしても、数学の問題に置き換えれば、10問中6題乃至は7題解ければ合格なのですよ。

それなのに、できない問題があるからと言って、そのたびに落ち込んでいたのでは、心が破裂してしまいますよ

今できないからこうして勉強をしている、いずれ入学試験までに6割5分程度は解けるようになるだろう。

このような気持ちで、自分を追い詰めることなく継続していくのが受験勉強です。参考にしていただければ幸いです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-07-10 18:27 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31