ブログトップ

学理教育セミナー リセ

短期間集中学習方法。

毎日少しずつではなくて。

苦手科目の征服方法を相談しに行ったとき、アドバイスをしてくれる人が先生であっても先輩であっても、毎日少しずつやっていきましょう、と言われることになります。

毎日少しずつ・・・、これが本当に効果的な学習方法で、取り組んだ人のほとんどが苦手科目を征服できるのでしょうか。

答えは「否」です。まず毎日少しずつと言うことが継続できません。継続できたとしても、一定時間の経過後、そのように努力したということだけが残るだけです

苦手は苦手のままで残り、精神的な疲れだけが残ることとなりがちです。

徹底して苦手科目だけを勉強する。

数学が苦手なら、毎日集中的に数学だけを勉強しましょう。他の科目は一時的に無視して、どんなに力が落ちようとも気にはしない、ただ数学だけを勉強する決意をすることです。

高3受験生は、この時期ともなればそうはいかないでしょうが、高1、高2生ならできるはずです。

まずはこの1か月間、毎日毎日家庭では数学だけを勉強するのです。手持ちの参考書を出してください。私のお奨めしないチャ-ト式でも構いません。

毎日少しずつではなくて、時間の許す限り、あるいはあなたの集中力が維持できる限り、例題をどんどん読み進め、まずは一通り解説内容を理解してください。暗記にかかってはいけません

次にすることは。

例題の解説を読んで一通りに理解できれば、また1ページに戻って、今度は例題を解きにかかってください。

解ければそのテーマは卒業、解けなければ再度理解に努める。そしてまた解き直してみる。

このようなことを繰り返して、1か月で1冊をやり切るようにしていく。ⅠA、ⅡB。Ⅲ、一通り、この5分野を5か月で終了する

他の科目は思うようには学習時間をとれません。しかし、これぐらい徹底しないことには、苦手科目を征服することなどできはしないのです。我々は天才ではないのですから。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-07-03 14:52 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。