ブログトップ

学理教育セミナー リセ

英語学習は書くことです。

時間はかかりますが書きましょう。

間違いなく時間のかかる学習となりますが、間違いなく力が付く方法ですので、英語は書いて学ぶことにしましょう。

英文をコピーする。それをノートに貼り付ける。その下に日本語訳を書いていく。これが生真面目な英語の先生の学習アドバイスです。

そして、それを義理堅く守った人で、英語の力を付けた人は見たことがありません。そのようなノート作りそのものが目的化するからです。

時間はかかりますが、自分で英文を書きましょう。そのようにすることでスペルの正確さが増し、訳語を考える段階で語彙力が増します

次に日本語訳を書いてみましょう。頭の中で日本語訳を考えているだけでは、少し分からないところが出てくると、そこを誤魔化して先に進み、分かったような気になります。実は分かっていません。

書けば誤魔化しがきかない。

日本語訳を丁寧に書いて行けば、書けなくなることでごまかしがきかないことになります。そこを考え込むことになるのです。ここが学習でしょう。

更に、日本語訳を書いた上で、筆者の言わんとしていることが分かるかどうかを考えてみましょう。

何を言っているのか分からなかったとしたら、それは英文を日本語に置き換えているだけで、読解したことにはなりません

学校の英語の授業は、英文日本語置き換えをしているだけで、英文解釈など少しもしていない、と悪口を言われているのはこのようなことです。

理解できていないところを直視して、決して逃げることなく学習するためには、書くしかないのです。

英語学習の必要条件。

英語に限らず語学はすべてそうですが、もちろん国語もそうですが、書くと言うことが基本的な必要条件になります。

何も書かずに語学学習はできません。どうしたら良いのかが分からなくなったら、教科書の英文をノートに書き写しましょう。何度でも。

次に英語の場合、音読が必要です。そうすることによって英文を暗唱しやすくなります。

日本語訳も当然書くべきです。これだけのことをするだけでも相当な時間が必要となります。ですからそれを支えるのはあなたの意欲ということになります

聞きっぱなしにしているだけで英語が出てくる、と言うような英会話教材の宣伝がありますが、それは嘘です。そんなことで英会話ができるようになるのだとしたら、英会話ができない人は一人もいなくなります。

英語学習には覚悟が必要なのです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-04-20 18:59 | リセ | Comments(0)