ブログトップ

学理教育セミナー リセ

大学のプライドはどこにある。

やはり大学入試改悪となりそうです。

現在の中学3年生が大学受験生となる年から、新しい入試制度のもとでの受験となります。

現行のセンター入試がマーク式のテストであり、思考力を問えない塗り絵大会である、と揶揄されて、改革しようということになってきました。

私は長年の経験上、触れば触るほどに悪くなるのが受験制度と言ってきましたが、また今回も同じ轍を踏みそうです

聞くと読むしかテストできない現行の英語テストを、話す、書く、まで含めた総合力判断テストにしたいとのことで、どうするのかと興味深くみていましたが、結果は唖然としたものでした。

英検、トーイック、トッフル、などのテストの採用を考えているそうです。どこかにげたを預けるだけで、それが改革なのか、私は甚だ疑問です。

採点業者委託は本気なのでしょうか。

国語などでは、一定文字数の記述問題を導入したいそうなのですが、採点上の業務増対策として、なんと業者委託を検討中だそうです。

採点を業者に任せれば、それは大学関係者は仕事が減って楽になるでしょうが、自分の大学の学生を選ぶに際して、自ら採点をしたくはないのでしょうか。

英語は外部団体のテストを借用し、国語の記述問題の採点は業者に委託する、この2点だけを取り上げても、大学側の入学試験放棄ではないでしょうか

どの程度の採点に関する信頼度が維持されるのか、だれがそれを保証するのか、また新たな問題点が登場してくることになるでしょう。

全国共通テストなど不要。

時間と労力をかけて実施するセンター入試のようなものは、すべて廃止するのが一番良い入試改革なのです。

このようなテストの必要性はありませんし(受験生限っての話ですが)、なくなっても受験生のガクリョクダウンにはならないのです。

国立、私立を問わず、大学入試問題は各大学で独自に作成し、独自の方式で入学試験を実施し、すべて各大学の責任で採点をして合否を決めれば良いのです

人気の高い優秀な大学であれば、希望者は多くおのずと競争は高まります。大変な受験勉強をしないことには合格できないことになるでしょう。

これはどのような入学試験制度にしても、緩和されることはないのです。それを承知で受験する希望者は、不満を述べることはありません。

各大学は、自分の大学の入学試験は、すべて問題は自分の所で作成し、採点も行い、独自の選考基準で合否を決める、そう言って欲しいものです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-04-15 15:57 | リセ | Comments(0)