ブログトップ

学理教育セミナー リセ

東大、京大の女子学生比率に思う。

東大と京大の女子学生比率は20%前後。

最近のデータを見ますと、東大の女子学生比率は18.9%、京大の女子学生比率は22.0%でした。真偽のほどは確認の使用がありませんが、その程度なのでしょう。

みなさんはこの数値をどうご覧になりますか。私はおかしなことだと感じました。日本社会の有様と、人の考え方に興味を持ちます。

女子と男子とで能力に差があるわけはありません。近頃の高校生を見ていますと、女子の方が優秀なぐらいです

東大も京大も入学試験においては男女平等で、性別によって有利不利があるような状態ではありません。分かりやすく言えば、依怙贔屓することなく綺麗な試験をしています。

それにもかかわらず、8割が男子学生で、女子学生が2割しかいないというのはどういうことでしょうか。

女子が東大、京大を希望していないに違いない。

能力差はない、条件は全く同じ、それなのにこれだけ差があると言うのは、東大や京大を希望する女子が、男子に比べて極端に少ないというだけのことではないのかと推測します

今現在でも、はるかかなた昔の頃のように、女の子が東大や京大に行ってどうするの、お嫁の貰い手が居なくなるわよ・・・的な思考がのこっているのでしょうか。
まさかそんなことはありますまい。

私は高校生の頃理系のクラスに所属していて、京大では数学ばかりを勉強していましたが、所属学部はなんと法学部でした。これには色々と事情がありました。

それはともかくとして、何十年も前のことですが、当時京都大学の法学部の定員は230名で、そのうち女子学生はたったの9名でした。

そのころに比べるとはるかに女子学生が増えていますが、それでも現状はどこかヘンです。

東大も京大も努力すべきです。

優秀な女子学生を増やすべく、東大も京大も女子学生のことを真剣に考えて、もっと魅力的な大学となるべきでしょう。

数多くの優秀な人材を逃しているのは明らかです。そうでないと、だらしのない男子学生ばかりが増えて、大学が停滞してしまうことになりかねません。

設備環境面の改善、カリキュラムの構成、海外留学制度の見直し、女性指導員の充実、学費面での優遇制度、数多くのことを検討して改善して行けるはずです。

とりあえず、東大も京大も学長を女性に託してみてはいかがでしょうか。そんな人材はいないという反論はあまりにも発想が貧困でしょう

男性にしても女性にしても、どこをどう探してもスーパーマンはいないのですから、まずはどなたかにたくしてみることです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-03-18 17:47 | リセ | Comments(0)