ブログトップ

学理教育セミナー リセ

分からないことを放置しない。

どうすればいいのか分からないと言う人へ。

数学が分からない、英語が分からない、などと悩む人がたくさんいます。

学習方法の本を読んだり、クラブの先輩に尋ねたり、学校の先生に相談したり、あるいは塾の先生に相談したり、と様々に助け船を求めます。

そうしておいて、悩みを解決して苦手科目を得意科目にできた人はいるでしょうか。

誰が使ってもできるようになる参考書や問題集はありません。もしあれば、数学が苦手で・・・、と悩む人は一人もいないでしょう

あの先生に教えてもらったら、誰でもできるようになる、という先生も世界中どこを探してもいません。

受け身の姿勢では、永遠に解決することはできないのです。

すべての原因はあなた自身にあります。

どのような科目でも同じことなのですが、ここでは数学を例にとって話しましょう。

同じ先生の指導の下で、同じ教科書と問題集、そして同じ参考書を持たされて、全く同じように数学を指導されている。

それなのに、できる人とできない人に分かれてしまう。できるようになっている人が居る以上、先生が悪いわけではありません

まして使っている教材が悪いわけではないのです。

悪いのはあなた自身です。謙虚にそう受け止めましょう。そうでないと解決しませんから。

どこが悪いのか。

説明を受けて分からなかったとき、そのまま放置しているからです。

例えば、初めて三角関数の合成ということを習った時、何がなんだか分からなくて、練習問題を少しも解けない、こんなときどうしてきましたか。

まあいいや、テスト前になったら勉強しよう、と自分をごまかして、そのまま放置してきませんでしたか。

テスト前になって、慌ててやったところで短時間では征服できません。テストで出来なかった。それでもテストが終われば放ったらかし・・・。

この繰り返しで自分を痛めつけているのです。

初めて習って分からなかったとき、分かるようになるまで復習をし続ける、このことさへできればみじめな状態にならずに済むのです

分からないことを放置しない、この姿勢があれば、あなたの実力は飛躍的に上がっていくことになります。

一人でできないとき、塾に通ってそうする習慣を身に付けてください。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
by lyceelycee | 2017-03-15 14:36 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。