ブログトップ

学理教育セミナー リセ

そんなのは数学ではありません。

ある私立高校の数学指導。

何度か経験してきていますが、先日依頼を受けて、某私立高校の数学の授業を見学しました。

難関国公立大学受験の数学指導はどのようにすればよいか、そのアドバイスが欲しいとのご要望で、忌憚のない意見が有難いとのことでした。

どのレベルで授業を行い、どのレベルの問題をどの程度の量で演習させればよいのか、それを知りたいということで、長年塾講師をしているというだけで、ずいぶんと買いかぶられたものです

実際の授業を見て、唖然としました。これはいかん、こんなことをしていたのでは生徒の数学力は上がらない、どのように評価すれば良いのか、忌憚のない意見を出せば気分を害されるだろうし・・・。

公式の紹介と解き方の紹介ショー。

多分、今現在の高校の90%以上がそうなのでしょうが、生徒に教科書に書いてある公式を紹介し、どんなにそれが重要であるかを強調し、ではきちんと覚えておきましょうで終わります。

次に代表的な練習問題を紹介し、公式に数値を当てはめてこうすれば答えを出せると繰り返します。後は練習量を増やすことで慣れの部分を作ろうとします

それだけのことが終われば、次のテーマに移っていきます。数学そのものと言える部分の説明が何もありません。

ですから私立大学レベル、中堅国公立大学レベルであれば合格できるかもしれませんが、東大、京大、阪大、と言うようなことになれば、遥か彼方という話になってしまいます。

数学の授業で必要なこと。

各分野で登場する定義の意味、何故そのように定義するのか、そうすることによって何の役に立つのか、それは必ず語らなければいけません。

定義から派生する諸定理、これを公式と呼んでいるわけですが、それは必ず一つ一つ定義に基づいて証明しなければいけません。ここが数学です

問題がありました。それに当てはまる公式はこれです。数値を当てはめてみましょう。ほら答えが出たでしょう。こんなのは数学ではありません。

何も考えることなく計算作業を行っているだけですから、どんなに数多く繰り返したところで思考力は高まりません。

今の学校の数学の授業では、経験したことのある問題しか解けなくなってしまいます。数学嫌いを大量生産する温床となっているようです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-24 15:32 | リセ | Comments(0)

義務感で学習することなかれ。

本来学習は楽しいことです。

何かを学ぶことは、非常に楽しいことです。未知の世界に入り、何が出てくるか分からずにワクワクドキドキする気持ちは、何事にも代えがたい経験をさせてくれます。

理想的に言えば、無目的であればあるほど純粋に楽しめることになります。しかし、現実はそれを許してはくれません

試験があったり、成績表があったり、仕上げとして受験と言うことがあって、常に何かのために勉強を強いられています。

自らの気持ちではなくて、何かのために嫌々義務的に勉強をさせられているのです。義務感ですることはしんどいですね。

精神状態が、〇〇せねばならない、となっていて、静かな気持ちでいられないのですよね。

義務感を忘れましょう。

勉強は義務でするものではない、と自分に言い聞かせましょう。

自分がしたくてしているのだ、だれのためでもない、まして自分のためでもない、と乱暴に考えて、ただただ面白がってやろう、とだけ考えましょう。

テストや成績はとりあえずどうでもよい、そんなものは勉強を楽しんでいれば勝手にあがってくる、そうなっても大きな意味はないけれど

とにかく、好きで勉強をする自分を作り上げましょう。勉強に対するおかしな義務感を捨て去れば、これまでとは異なった景色が見えてきますよ。

あまり人には言わない方がよい。

勉強そのものを楽しんで、義務感でしているわけではない、ということを考えるのだとしても、そのことは外に向けて言わない方がいいです。

真意が伝わらず、誤解されることがほとんどとなります。人に言う必要はないのですから、あなたが一人で楽しんでいればよいのです。

数学のカラクリを考えるのは楽しい、英単語を覚えることすら面白くなる、理科も社会も国語もすべて興味深い、そんなあなたを作りあげることができます

あれも楽しい、これも楽しい、と思って勉強をし続けていればよいのです。

学ぶことは本当に楽しいですよ。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-23 19:03 | リセ | Comments(0)

大学入学共通テスト。

2020年から大学入学共通テストが始まります。

よせばいいのに、どうやら本当にやりそうです。以前から何度か批判してきましたが、私のような声はお偉い方々には聞こえないようで、また入試制度が改悪されます。

何の役にも立っていない現行のセンター入試は廃止すべきで、それを部分的にいじくった形で改正しましたと言ったところで、言い訳だけをしているようなものです

本当に汗をかいて、どんなに大変でも、大事な国の教育のことだから、真剣にやりぬいて見せる、といった情熱を感じ取ることができません。

その現れが、英語の民間試験の利用であるとか、記述式の問題の採点業務を外注するとかいう発想に現れています。本当にやる気があるとは思われません。

最終的に英語の試験はどうするのでしょうか。

英検、トーイック、トッフル、その他民間で行われている英語検定試験を利用しようという動きが中心になっています。

異なる試験を受けた生徒の英語力を、どういうように公平に評価することができるのでしょう。これは無理です。当然不公平感がでてきます。

それ以前の問題として、英語の問題は目的に合わせた形で良問を作り、採点の客観性を可能とする努力をするべきでしょう

そもそも、こんな形で行う英語テストで、基本的な英語力を試せるわけではありません。

現行のリスニングテストをみても、50点満点でテストを行い、その得点でリスニング能力をテストしているつもりなのでしょうが、45点以上の得点者と、30点未満の者とを比べても、どのみち大した聞き取り能力があるわけではないのは明らかです。

国語と数学の記述式答案の採点は外注。

記述式の問題をどうしても導入したいようです。こうすることによって、本当の学力が試せると信じているようです。

そして、採点業務は大変だから、業者に委託しようとしています。どんなに大変でも、物理的に不可能でない限り、自分で採点したいとは思わないのでしょうか。

へたな大学の先生が採点するよりは、業者の採点の方が正確である、などという悪口も聞こえてきますが、それでは教育改革にならないでしょう。

20字や30字、あるいは40字程度の記述問題であれば、私たちのような塾や予備校の先生は、すぐにそのためのテクニックを作り上げて、生徒に伝授することができます

学力はなくても、テクニックで合格点を取れる技を開発します。

大学受験は、各大学で独自に実施する試験だけにしましょう。全国レベルで行う共通テストは必要ありません。諸外国に倣って真似をすることはないのです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-17 18:50 | リセ | Comments(4)

予習はできなくても復習だけは。

学習の基本は復習です。

理想的なことを言えば、予習と復習をきちんとしておくべきだということになります。

しかし、その両方ができていない人にとっては、いきなり両方をしなさい、と言うのはできもしない難題であって、実現不可能に近いことです

そこで、せめて復習だけはしておきましょう、ということになるわけです。

学校の成績を上げたいのなら、復習だけで満足のいく結果を出せます。毎日少しずつやっていれば、思いのほか楽にこなせます。

ですからみなさん、復習だけはしておきましょう。

復習するのにそんなに時間はかからない。

学校から家に帰る。すぐに机に向かい、今日の授業内容を振り返ってみる。例えば数学、今日の授業内容を教科書とノートで確認する。

分かったところと分からなかったところをはっきりとしておく。分からなかったところは質問事項としてマークしておき、次の授業のときに先生に質問をする。

宿題になっていようがなっていまいが、教科書用の問題集を出して、習い終わったところの問題を解いてみる。解けなければ次回の質問事項に付け加える

こんな程度のことで十分です。そしてこの程度のことで学校の成績は簡単に良くなります。

予習は無理にしなくても良い。

私は怠け者でしたから、高校生のとき、予習はしたことがありません。というよりは、予習をすることができませんでした。

全く習っていないことを、教科書を開けて自学自習するなど、当時の私にできることではありませんでした。分からない事だらけですぐに嫌になります。

ですから、せめて復習だけはと考えて、自分なりによくしました。褒められたことではありませんが、分からなければとりあえずは覚えておくようにしました

知らないよりはマシ、の精神です。でもその結果、ある程度は成績を維持できましたし、何と言っても京都大学に合格できました。こんな私がです。

みなさん、復習だけはしてください。予習で悩まなくてもいいですから。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします



[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-16 18:47 | リセ | Comments(0)

敵を知ることから始めましょう。

希望大学のことをどの程度知っていますか。

希望の強さは別として、みなさんにはそれぞれの希望大学がおありでしょう。東大に行ければいいな、京大に行ければいいな、はたまた国立の医学部にいければいいな、など様々でしょう。

ところで、敵のことを良く知らなければ戦えない、という言葉があります。その通りだと考えます。みなさんは、希望大学のことを、それも合格ラインに関して、明確な知識はあるでしょうか

希望に終わらせず、夢でもなんでもなく、目標として設定して必ず達成する、そのように考えましょう。

そうすると、今すぐしておくべきことが登場します。なんとなく放置したまま真剣に取り組まないことです。以下を見てください。

合格ラインの確認。

希望大学の学部学科のセンター入試基準点を確認しましょう。インターネットで調べればすぐに分かります。

5教科7科目、900点満点で合格者平均点が何点であるか、これを知った上でマーク式の模試を受け、自分がどの程度不足しているかを確認する

各大学で実施される2次テストの合格最低点を調べる。これもすぐに分かります。併せて偏差値評価も見ておいて、自分の実力偏差値との差を見ましょう。

これで受験勉強の目安ができあがります。どの程度引き上げなければいけなにのか、そのためにはどのような受験勉強が必要となるのか、すべてがはっきりとします。

甘さが無くなります。

何々したら勉強をしよう、などという甘さがなくなり、問題を先送りしなくなります。

英数国を仕上げてから理科と社会を勉強する、こんなバカげた発想はしなくなります。英数国が仕上がることはありませんから、永遠に理科、社会は勉強しないことになります。

できれば、机の前に貼り紙をしておきましょう。

目標〇○大学△△学部  センター760/900  2次偏差値65

現状の実力(自己推定) センター670/900  2次偏差値62

自己推定は模試の成績があれば、それを書いておきましょう。このように視覚に訴えるものがあれば、自分を誤魔化せなくなります。

とりあえず、このようなことをやってみましょう。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-13 16:49 | リセ | Comments(0)

現実には勉強をした者が勝ちます。

現実を見てみます。

何が正しくて、何が間違いであるのか、そんな話をしようと言うのではありません。ただ現実を話しますから、そこから何かを感じ取ってくださいということです。

我が塾リセには、大学3年生、4年生、院生、博士課程生、の講師がいます。大学を卒業した人ばかりではありません。

但し、全員神戸大学、大阪大学、京都大学で学ぶ人達です。研究者を目指している人もいますし、就職希望の人も勿論います

以前からずうっとそうですが、リセで講師をしている学生で、就職のときに困った人は一人もいません。

就職難など関係ないです。

全員高校生時代から必要な時にはきちんと勉強をしてきて、それぞれに希望する優秀な大学に進学した人達です。

ただ成績が良いと言うだけではなくて、人間的にも魅力のある人ばかりです。

就職しようと決意して、希望する企業にアプローチし、それぞれに試験を受けたり面接に行きます。

そして、簡単に全社から内定通知を受け取り、どこにしようかという形で慎重に考えています

彼らには就職難などはありません。

神戸大学、大阪大学、京都大学はやっぱり強い。

近畿圏ではこの3大学がやっぱり強いです。ネームバリュー、社会からの信頼度、その他多くの面で違うようです。

就職するところがなくて難儀をした、などとぼやいている人を見たことがありません。それが現実です。

人よりは少し勉強をして、それなりの肩書を身に付けた人が優遇される。昔からそうですが、この現実は今も変わらないようです

何かにつけ勉強をしたものが勝ちです。とりあえずは、勉強をしておくことに越したことはないようです。

極めて当たり前の面白くもない話になりました。でも真実です。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-10 18:55 | リセ | Comments(0)

みなさん勉強していますか。

好きでも嫌いでもいいですが。

連休は終わりました。あなたが勉強が好きかどうかは分かりませんが、そろそろ真剣に勉強を開始しましょう。

とりあえずは中間テストのためであっても構いませんから、何かを目標にして気持ちを勉強に向かわせましょう

何のために勉強するのか、意味はあるのか、損をするのか得をするのか、そんなことはとりあえずは考えずに、まずは勉強をしましょう。

あまり好きではありませんが、損得で考えるのなら、勉強はしておいた方が得で、しなかったら損をするのは明らかです。

想像しましょう。

一生懸命に勉強をしました。成績は素晴らしい、みんなが一目を置いてくれる、友達に信用される、先生にも好かれる、自分でも自信を持てている状態で日々を過ごせる。

こうなれば、気持ちが後ろ向きにならず、斜に構えたような否定的な姿勢はなくなります。ですから毎日明るく楽しく過ごせます

何と言っても周囲の人からお小言を言われることがなくなります。そうなりたいとは思いませんか。

それを実現するにはどうすれば良いのか、答えは簡単です。勉強をすれば良いのです。

勉強をしないことを正当化しようとし、あれこれと理由を作って自己弁護をしているのは、これはもうとっても醜い態度です。

さて何から勉強しましょうか。

初期段階においては、苦手科目を克服しようとするのではなくて、得意科目をより一層伸ばすための勉強をしましょう。

仮に英語が得意なのだとしたら、今日からの1週間は、毎日2時間程度英語の勉強をするようにしましょう

学校の教科書の音読、単語、熟語の整理、基本例文の暗唱、英文和訳をきちんとノートに書いてみる。

そのような地道な勉強を、労を厭うことなく静かにやり続けましょう。その繰り返しが、得意な英語をより一層できるようにしてくれます。

そうなれば、他の科目にも意欲が湧いてきます。まず解く科目の勉強から始めることです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-09 18:49 | リセ | Comments(0)

5月の連休はおしまいです。

5/3(水)に京都へ行きました。

5月連休中に京都へ行くなどということは、観光客だらけで頼まれてもするものではない、と昔から言い聞かせているのですが、逆にどんな目に遭うかを経験してみようと思い立ち、酔狂にも行ってみました。

五条坂を上がる道は予想通りの観光客数で、大谷本廟から清水への道は外人観光客で埋まっていました。

だらしのない私はすぐに逃げ出したくなり、人のいない所へ脱出しようということで、とりあえず京阪電車の清水五条駅へ舞い戻り、そこから宮川町筋を歩いて四条へ向かいました

宮川町筋を選んだのは賢明な選択でした。ここが京都五花街の一つであり、お茶屋さんと置屋さんが並んでいる通りであることを知る観光客は、さすがにあまりいないようでほとんど人が歩いていませんでした。

さすがに浮世離れした花街。

あまり広くもない宮川町の通りを歩いていると、どこからともなく三味線を練習する音色が聞こえてきました。静かそのものです。

古い和菓子屋さんを一軒見つけて、なんとなくそのお店の中に入りたくて、和菓子を買うことにしました。

本当に手作りしたものとすぐに分かる柏餅を4個買って、家に持ち帰って食べてみると、昔懐かしいおいしさでとても嬉しかったです。もっと買えば良かった

建仁寺近くの辺りまできたとき、二人の舞妓ちゃんとすれ違いました。美容院からの帰りなのか、二人とも綺麗に結い上げた「われしのぶ」の頭が素敵でした。

板についた着物姿が町の雰囲気に溶け込んで、京都へ来た甲斐があったと感じ入りました。

建仁寺から花見小路。

建仁寺は観光客で爆発していました。そこから四条通へつながる花見小路通りは、人がぶつかりそうになりながら歩いていました。

ここは祗園甲部と言われる京都一の花街なのですが、静けさも粋もあったものではありません

どうでもよいことですが、静かな花街を求め、芸舞妓さんの芸を見たければ、今や北野天満宮近くの花街、上七軒に行くしかない、という話を聞いたことがあります。

それはともかくとして、四条通に面した祗園商店街を歩き、月待庵さんのしょうゆ割れせんべいを買ってかえりました。私のお気に入りのおせんべいです。

今日から授業をしていますが、来週月曜日から気合を入れて授業をします。良い休暇でした。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします


[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-06 17:30 | リセ | Comments(0)

化石のような学校。

驚きました。

連休を迎える前に、一人の生徒に連休はどうするのかを聞いてみました。すると予想しなかった返事が返ってきました。

連休はありません。5/3(水)、4(木)、5(金)は通常の授業があって、お休みはありません

大阪市内のある私立の中高一貫校なのですが、進学実績を伸ばそうと躍起になっているにも関わらず、一向にそれを伸ばせていない学校です。

典型的な、宿題と補習授業と小テストで生徒さんを塩漬け状態にしているところです。
なおかつ今度は5月の祝日もなし。

生徒を縛り付けるだけでは成果は出ない。

いくら強制的に勉強をさせようとして、どんなに生徒を縛り付けようが、ほとんど効果がないことは進学実績の停滞をみれば分かりそうなものなのですが、まだ懲りないようです。

それどころか年々その基本姿勢がエスカレートしているようで、失礼ながら憐れに見えます。まして生徒さんはかわいそうです。

生徒さんはただ先生方からお叱りを受けないようにしているだけで、自らの気持ちで勉強をしているようには見えません

表面上の先生のための勉強をしている生徒さんは、非常にチマチマとした状態になっています。

全てを改善してみないといけませんね。

生徒さんを伸びやかにしてあげるために、短期間で構いませんから、宿題を出さない、テストをしない、補習授業はしない、居残り指導を強制しない、ということにしてはいかがでしょう。

そうしたからと言って、生徒さんの実力が落ちるとは思えません。かえって成長するのではと期待できます。

生徒さんを信じて、一度自由にさせてあげることです

宿題と補習授業とテストが生徒さんのやる気を喚起し、その効果として実力が付くわけではないのです。

もっとおおらかでないことには、生徒さんが伸びるはずはありません。5月の連休ぐらい休ませてあげるべきでしょう。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします

[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-02 18:48 | リセ | Comments(2)

連休でお休みします。

どこかへ行きます。

行先は何も決めていませんが、連休中はどこかへ行きます。多分、京都もしくは神戸方面のどこかとなるでしょうが、ただ何も考えずにぼうっとしていることでしょう。

たまには頭を休めてあげないと発想が貧困となり、何も生み出せなくなるでしょうから、私にはどうしても必要なことなのです

何かに感動できればいいのですが、そんなことも久しくなり、ちょっとうれしいな、程度のことしか経験できないでしょう。

それでもその程度のことがとても大事なことなのです。

地図を広げて考えてみます。

地図上で小旅行をします。あれこれと想像の世界で事前の旅を楽しみます。

ここであれを見てこれをし、こんなものを見つければ楽しいだろうな、などと考えていると、それだけで結構良い時を過ごせるのです

何かおいしい物はないか、などと考えてみるのも嬉しいものです。いい年をして他愛のないことをかんがえているものです。

知恩院の前にある、蓮月茶屋、という豆腐料理専門店に行ってみたくなってきました。

こんなことばかりで連休をすごしていくことになりそうです。



人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。励みとなっております。今日も応援クリックお願いします


[PR]
# by lyceelycee | 2017-05-01 14:30 | リセ | Comments(0)

天満橋の学習塾 リセ ◎お問い合わせ先◎ お電話(06-6946-2491) メール(kagaribu@nifty.com) お気軽にご連絡ください。ご希望の方に資料をお送りいたします。